ホーム > 一人暮らし応援サイト > よくある質問

よくある質問

引越し直後から必要になる雑貨には次のようなものがあります。
意外に忘れやすいので注意しましょう。

「室内などはどうですか?」という質問をお受けいたします。

●当社の答えは……

間取図で分からない点、現地でなければ確認できない点は現地で確認いたしましょう。
※筆記用具、メジャー持参で見に行きましょう。
となります。

 

●室内を内見する時ご注意いただきたいことは……

  1. コンセントの位置など間取図に書かれていないこと。
  2. 日当たりや音など現地に行かなければ分からないこと。
  3. 家具を置きたい場所のサイズなどをはかること。
  4. 室内の汚れなど気になる点は早めに確認すること。
  5. 清掃、リフォーム前なら、どこまでやる予定なのかを確認すること。

 

●室内で確認するポイント

  1. 部屋の広さやサイズ
  2. コンセントなどの位置
  3. 収納の奥行き・高さ
  4. 洗濯機、冷蔵庫置き場のサイズ
  5. 襖、収納扉などの立て付け

 

●周辺を歩いて防犯面、管理面を確認する。

 

●内見の際には、敷地内や敷地周辺を見て、防犯面、管理面も確認すること。

 

●周辺等で確認するポイント

  1. 敷地周辺の死角
  2. 敷地内の設備の位置など
  3. 駐車場の広さ(幅・長さ)
  4. ゴミ置場の位置

「お部屋の利便性、環境はどうですか?」と言うご質問がございます。

 当然に地域を知り尽くした担当者がお答えはするのですが、正確な答えは自分の足で歩いてみるのが基本という事です。

自分たちの生活に合わせて、欲しい設備、環境を考えてチェックしてみること。

 

 お部屋探しで下見は必ず必要です。お部屋はもちろん、周辺環境もよく確認して、満足いく部屋を探したいものです。

 

 そのため、当社では車で現地にご同行のうえ、お客様自身の足や目で周囲をご確認いただくお手伝いをしております。

便利さでは通勤・通学に合わせた確認が基本となります。

 

 時刻表などを確認いただければわかりやすいと思います。夜間遅くなりがちな人はタクシー利用時の料金や駅からの利用のしやすさなども確認しましょう。

 

 生活の便利さは人によって違いがありますので、確認は自分の生活を考えて行うとよいでしょう。

 

 たとえば単身で夜遅いなら夜間の便利さ確認が必要でしょうし、ファミリーなら子ども連れで利用しやすい店舗があるかなど。自分の生活にはどんなものが必要か、それにあわせて周囲に何があるかを見ておきましょう。

 

 時間がない方は、短時間でしかお部屋を見られないときには担当者に質問してみるとともにインターネットなどで街情報を収集するという手もあります。

当社では、車で現地までご同行いたしますのでお気軽にご連絡下さい。

大変恐縮ですが、直接のご来店ですと賃貸の担当者が不在の場合もございますので事前にご連絡いただきますようお願い申し上げます。


ワンポイントアドバイス■

最寄駅までの所要時間 自宅から最寄駅までの所要時間は歩いて確認。

大きな道路を横断する必要があったり、坂や踏切がある場合は余計にかかる可能性が高い。

最寄駅から通勤・通学先への所要時間 電車に乗っている時間はもちろん、利用したい時間帯の本数や始発、終電を時刻表で確認。混雑度は電鉄会社のホームページなどで確認。

バス便は本数、終バスの時間 所要時間などを確認。

自転車利用なら駅周辺の駐輪場事情なども調べておきましょう。

駅周辺の商業施設など 商店街、スーパーなどの有無と位置、できれば営業時間なども見ておきたい。帰宅途上で買い物できる立地が使いやすいです。



公共施設の位置など 郵便局や自治体の出張所、図書館や公園など、公共施設の位置も見ておきましょう。

■申込から入居までの流れについて」ご説明いたします。

お部屋が気に入れば入居申込書に署名等をいただき、審査をいたします。


当社は、申し込みを受けると、その物件を他の人に紹介することをストップし、大家さんに入居の審査を始めてもらいます。

ここから契約の日程が決まるまでは2、3日ほど。現在、賃貸に入居されている方は、退去の予告をしなくてはなりません。
※新入生の方は担当者より詳しく説明いたします。


契約の準備としては連帯保証人の依頼、必要書類や費用の手配をいただきます。連帯保証人にも印鑑証明など用意してもらわなくてはいけない書類があるので、当社からご説明をいたします。


審査でOKが出たら、すぐに契約。審査終了後、契約日・入居日の最終確認をいたします。

引っ越しの手配も必要です。引っ越し会社に頼むなら、見積もりを数社に依頼、同時に不用品の廃棄、梱包資材の手配、粗大ゴミの収集の手配をしてください。

■「申込金について」ご説明いたします。

●「このお部屋を借りたい」という意思表示の時、不動産業者に預ける費用です。


●最近は不要なケースも多いようです。また、預ける場合には注意して預かり証をもらいましょう。


●申し込みの意思を確認する預かり金が申込金。

  1. 申し込み時に「借りたい」という意思を示すために預けるお金が申込金です。
  2. 東京都では申込金を不要とすることを指導しており、書類での申し込みだけで可能という不動産業者も少なくありません。
  3. 他にも借りたい人がいる場合、こちらの強い意思を示すためなどの目的で払う場合もある。

 

●預かり証を受け取り、そして必ず返還されることを確認してください。

  1. 申込金はそもそも、一時的に不動産業者に預けるだけのもの。そこで支払う場合には、領収書ではなく、預かり証を発行してもらうのが基本。
  2. 何のために、いつまで預けるのか、預かった業者、担当者名などとともに記載してもらいましょう。
  3. 通常、預ける期間は審査終了までと、契約時までとなります。そのほかに、○月○日までと期限を切る場合もあります。

 

●キャンセル時には理由のいかんを問わず返還される

  1. 申し込みはしたものの、他に気に入った部屋があったという場合、あるいは審査が通らなかった場合、またはキャンセルの時でも申込金は必ず返還されます。
  2. 一度申し込みをすると、不動産業者はその時点でその部屋の紹介をストップします。その間、他にその部屋を借りたい人がいても、チャンスがなくなるのだ。それを考えると、安易な申し込み、キャンセルは他の人に迷惑をかけることも十分考えられます。申込金の要不要にかかわらず、申し込みは十分考えたうえで行うようにしてください。
  • ご入居中の皆様へ
  • お引っ越しマニュアル
  • 物件概要の説明
  • 広告掲載承諾書

休日カレンダー

毎週水曜日および第1・第3火曜日が定休日となります。
6月
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
毎週水曜日および第1・第3火曜日が定休日となります。
7月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31