ホーム > 不動産セカンド・オピニオンサービス

不動産セカンド・オピニオンサービス

不動産セカンド・オピニオンサービスとは

セカンド・オピニオンとは、よりよい決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求めた「意見」、または「意見を求める行為」のことです。

また、医療の分野にて使われ、患者が検査や治療を受けるに当たって主治医以外の医師に求めた「意見」、または、「意見を求める行為」。主治医に「すべてを任せる」という従来の医師患者関係を脱して、複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を患者自身が選択していくべきと言う考え方に沿ったものです。

セカンド・オピニオンとは、現在かかっている主治医以外の医師に求める第2の意見となります。

この考え方が広がってきた背景には、従来の医師お任せ医療ではなく、インフォームド・コンセント(説明と同意)を受け、自分も治療の決定に関わる医療に変わってきたという社会背景があります。

飯島興産では「不動産セカンド・オピニオンサービス」として、不動産の売買、賃貸、売買仲介、賃貸仲介、賃貸管理、資産管理、土地有効活用、相続などの様々な場面において、その価格、収益性、企画内容やクオリティなど、当社担当者が利害関係のない第三者の立場としての見解をお伝えして、お客様が判断するための材料として活用していただくサービスです。

セカンド・オピニオン

セカンド・オピニオンは業務の依頼ではなく、「相談」です。

なぜ、セカンド・オピニオンが必要なのか

セカンド・オピニオンとは、お客様にとって最善・最良だと思える方策をお客様と依頼先との間で判断するために別の専門家の意見を聴くことであり、依頼先を変えることと同義に考えているお客様も多いのですが、そうではないのです。

始めから依頼先を変えたいという意思がある場合は、依頼を断れば済むだけなのです。セカンド・オピニオンを受けたのち、結果的に別の専門家に依頼を変更する場合はあります。

依頼先が昔からの知合いなど関係が悪化することを心配してセカンド・オピニオンに踏み出せない、という方も、基本的には心配する必要はありません。セカンド・オピニオンは第2の意見であり、意見を聞いた後、自分自身が判断を選択すればよいのです。

インフォームドコンセントと不動産セカンド・オピニオンを受けることで、お客様にとってどのようなメリット・デメリットがあるのかを得ることができるはずです。このような段階を踏むことが、納得のいく情報を選択する道標となるはずです。

業務案内

サービス内容

  • 不動産売買・賃貸に関すること。
  • 不動産売買・賃貸仲介に関すること。
  • 賃貸管理に関すること。
  • 土地有効活用に関すること。
  • 相続に関すること。
  • など不動産に関することであればご相談ください。税務・法務についても当社業務提携先へ確認のうえ、ご回答いたします。

業務報酬

業務依頼については、お客様と飯島興産の間にて業務委託契約を締結していただきます。

報酬額につきましては業務依頼の内容により異なりますので、具体的な要望等を伺った後、ご提示させていただきます。

  • ご入居中の皆様へ
  • お引っ越しマニュアル
  • 物件概要の説明
  • 広告掲載承諾書

休日カレンダー

毎週水曜日および第1・第3火曜日が定休日となります。
4月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
           
毎週水曜日および第1・第3火曜日が定休日となります。
5月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31