ホーム > 社長コラム > 賃貸経営者に対応する不動産会社とは

賃貸経営者に対応する不動産会社とは

賃貸経営にとって経営を軌道に乗せるためには、誠実な不動産会社と付き合うことが大きな比重を占めます。

しかし、その付き合う不動産会社が入居者募集をメーンとする会社なのか、入居者募集から管理全般を行う会社なのか、問題なところです。

入居者募集をメーンとする会社は、入居者募集から契約業務等を中心にする会社で、小規模ながら地域に密着した会社や、大手不動産会社の支店、またはフランチャイズ店など例として挙げられます。

主な業務としては、清掃業務や保守点検から入居者管理と呼ばれる契約関連、賃料の集金、更新手続き、退居手続きと広範囲に及んでいます。

一方、管理会社は、物件全体をトータルに管理する会社であり、入居契約後、家賃集金代行と建物管理が主な仕事となり、家賃保証をしたり、管理内容に伴って管理料が違いますが、おおむね家賃1ヵ月分の5~10%程度です。また、近年、管理会社にはプロパティマネジメント(PM)、アセットマネジメント(AM)が注目を集め、経営全体に対する総合的な提案も主な業務と言えます。

ここ数年、不動産業界も変わり始め、入居者募集をメーンとする会社におても管理会社においても、管理部門を強化、拡充はもちろんのこと、入居者募集にかなりの強化をしています。この現象は、物件の仲介や管理を依頼する側から見て、最高の不動産か会社とは次の3点ではないでしょうか。

1.空室が発生すれば素早く入居者を募ってくれる。
2.入居者と家主のクレームにいち早く対応してくれる。
3.建物管理・清掃業務に詳しく、臨機応変に対応してくれる。

結局、入居者を早く見つけ、安心した賃貸経営を実現するために「素早く入居者を探す」「クレーム対応が早い」「管理・清掃業務に対応」してくれる会社と取引きするのが一番の得策と考える傾向です。

ネットワークに強く、フットワークのいい会社が求められる時代なのです。

(文責:飯島武彦)

  • ご入居中の皆様へ
  • お引っ越しマニュアル
  • 物件概要の説明
  • 広告掲載承諾書

休日カレンダー

毎週水曜日および第1・第3火曜日が定休日となります。
12月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
12月は水曜日のみお休みさせていただいきます。なお、27日から平成30年1月3日まで臨時休業とさせていただきます。
1月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31